LED照明の耐用年数は?

普通に使用して13~16年です。

普通に使用するというのは、一般に年間3,000時間といわれています。

これは事務所などで使用した場合なので、家庭での使用時間は十人十色だと思います。

現在、LED照明の寿命は40,000~50,000時間なので、年間3,000時間使用すると、13年~という結果になるわけです。

しかし、これは通常の環境で使用した場合です。

LED照明は高温や湿気に弱いという弱点があるので、そういった環境で使用すると、あっという間に寿命が来てしまいます(T_T)

一番わかりにくいものは、密閉器具と呼ばれる照明器具に取り付ける場合かもしれません。

簡単に言うと、「カバー」のついたものです。

こういった照明器具は、白熱電球でも「60W以下」などの制限がありました。

熱が逃げるところが無いんですね。

LED照明には地獄のような環境です。

気を付けましょう(p_-)

led-keikouto.jpg



このブログ記事について

このページは、saitsuが2011年10月 4日 08:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「LED照明に補助金はあるのか?」です。

次のブログ記事は「LED照明のデメリットは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。